HOME » 新着情報 » 中国によるスクラップの輸入規制について

新着情報

中国によるスクラップの輸入規制について

2017年頃から、これまで大量のスクラップを輸入していた中国が段階的にその数量を制限するようになっています。

この影響は非常に深刻で、雑品、廃家電、廃電線、廃プラスチック類などが行き場を失い、日本国内に溜まりつつあります。

有価物だったものは値段が下がり、産業廃棄物になってしまったものも多くあります。

また、産業廃棄物の処理費はどんどん高くなり、一昔前では考えられないような金額になっています。

こうした事態を重く見た国もすでに動き出しており、廃棄物処理業者やスクラップ業者に緊急アンケートを実施しております。

長い目で見たとき、徐々に緩和の方向に向かっていくと思いますが、向こう数年はこうした混乱が続くものと思います。

弊社でもこうした問題に直面しておりますが、国内リサイクルを目指してきた当社では多少なりとも解決策を持っていると自負しております。お困りの方は、是非弊社までお問い合わせ下さい。


“捨て基板”の高価買取 国内リサイクルで買取価格No.1! 少量からでもお問い合わせください。

受入・処理が可能な非鉄金属・各種スクラップをご紹介します。

複合金属原料、低品位原料など、多様な性状に対応したリサイクル加工技術で、多種多様なリサイクル材料の受入・処理が可能です。

リサイクル・生産設備、付帯設備、公害防止設備をご紹介します。


社員証の提示

最近、弊社と別の業者様とを間違えて品物を引き渡してしまうケースが発生しております。中には、「花崎工業」の名前を名乗って回収する業者もいるようです。

弊社では、回収作業を行う際、制服、ヘルメット、安全靴、その他保護具の着用、社員証の携行をルールとしており、お客様のところでは必ず社員証を提示するよう指導教育しておりますので、お間違えのないようにお願いいたします。

社員証